works

石原町のいえ

敷地は太田市中心の北東に位置し、古くからある集落と新しく分譲された家々が混ざり合うような地域でアクセス道路も細く、この辺りとしては建物が密集している。ただ、南側は平屋建てで、西側隣家のお庭もとても広く、空が開けている。
”お日様がたくさん入る温かい家がいいのだけれど、外からの視線も気になる。”という施主の話しと大きな空を取り入れる事を両立させるため、南側の開口は大きいのだけれども高く設え外部からの視線を腰壁で遮り、せり上がった天井は邪魔することなく光を部屋の奥へと導いている。ずれあがったボリュームの上は子供室のベットと芝屋根。
吹き抜けや水廻りを東西に配し、建物の中央部に家族で長く過ごすリビングやダイニングを置き、温熱環境を整えた家族を包み込むようなやさしいいえとなるよう計画した。

所 在 地  群馬県太田市
構   造 木造在来工法
敷地面積 264.75u
建築面積  85.29u
延床面積 129.76u
構造設計 桑子亮/桑子建築設計事務所
施   工 岡村建業
写   真 鳥村鋼一

copyright(c) arc-d allrights reserved.